【FX トレード】ドルインデックスの分析でユーロ/ドルを狙ってみた

スポンサーリンク
FX
FP
FP

兼業、低資金、スイングで2027年に貯蓄1,000万円を目指して
FX、仮想通貨に取り組んでいるFPです。
今回は先週の雇用統計が好結果となり、ドル高気運が高まって
いることを受けてドルインデックスの分析からユーロ/ドルの
トレードをしているので、その根拠と今後のシナリオをお伝えします。

 

ドルインデックスの環境認識

ドルインデックス週足20210809

週足を見てみると
上目線。

①チャネルを上抜け
②オシレーターが上目線
③ボリバン+2σに向けた上昇余地あり

上昇目途は93.500付近と考えます。

ドルインデックス日足20210809

日足を見てみると
上目線。

①MACDがゴールデンクロスしそう
②RSIは上昇中
③ボリバン+2σへの上昇余地あり
④チャネル内への回帰

上昇目途は93.000あたりと予測します。

ドルインデックス4h足20210809

4h足を見てみると
上目線。
ただし高値圏にいる。
オシレーターも高値圏付近。

一旦下落の調整が入る可能性あり。
下落目途は92のミドル。
下落するなら20SMAがサポートになると
考えます。

ドルインデックス1h足20210809

1h足を見てみると
上目線。
オシレーターは緩やかに下落しているが、
一旦下落した後、上昇すると予測します。
下落目途は92.600付近=ボリバン-2σ。
ボリバンがスクイーズしている為、
ここからどちらかに大きく動きだす
公算が高い為、上位足の分析を
踏まえ、上昇の公算が高いと感じます。

ドルインデックスは一旦下落するも
上昇の公算が高いと考えます。
上昇目途は93.200-93.400。

ユーロ/ドルのトレードシナリオ

ユーロドル週足20210809

週足を見てみると
下目線。

①オシレーターはまだ下を示している
②ボリバン-2σまでの下落余地あり

ただ長期足で引いた青いトレンドラインが
ある為、このあたりで多少の反発がある
可能性あり。

ユーロドル日足20210809

日足を見てみると
下目線。

①MACDがデッドクロスしそう
②ボリバンがスクイーズ
③RSIが下落中。

長期足で引いた青いトレンドラインがありますが、
ここを下抜けしたら損切を巻き込んで
ある程度の大きな値幅になると考えます。

ユーロドル4h足20210809

4h足を見てみると
下目線。

①ボリバンがエクスパンションしており、
バンドウォークしてきている
②MACDは下落基調
③RSIが低位圏に貼り付き

1h足だとすでに低位圏となっており、通常ですと
このあたりから反発の上昇に転じる局面。
ただし、ドル高気運が高いことを考えると
多少の戻りがありつつも下落基調が高いと考えます。

ユーロドル1h足20210809

1h足を見てみると
下目線。
ボリバンがスクイーズしてきている。
オシレーターはまだ上を示しているが、
一旦戻りを見せてから下落か、
もしくはそのまま下落か。
下落するならば長期足で引いた青のトレンドラインで
多少の反発があるとしても売り圧力が強く、下落の
公算が高いと感じます。

トレードシナリオ

一旦戻りがあるかもしれないが、大きな戻りは
ないと考えます。
8/9,10での下落の公算が高いと考えており、
ショートに優位性があると考えます。

引き続き今月も退場しないよう地道に頑張ります。
環境認識、エントリー、決済をリアルタイムで
ツイッターで発信していますので
引き続き応援をお願いいたします。

こちらをポチっとしていただけると嬉しいです♡


FX初心者ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村


 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました