【FX トレード】※10/7一部内容修正 ユーロ/ドル 2020年10月5日の週の重要イベントから値動きを考察する。

FX
FP
FP

今回は2020年10月5日の週の重要イベントから

値動きを考察していきます。

特に重要な経済指標&イベントについて

10月5日(月)米)ISM非製造業景況指数
10月6日(火)米)パウエルFRB議長の発言
10月7日(水)米大統領選・副大統領候補討論会
       米)FOMC議事録公表(9月15日・16日開催分)
10月8日(木)米)新規失業保険申請件数
今週は特に
米大統領選・副大統領候補討論会
に注目しております。
まずは第1回の米大統領選のトランプ氏とバイデン氏の討論会をチャートで振り返ってみる。

ドルインデックス1h足のチャート

ダウ平均1h足のチャート

ドルインデックスを見てみると討論会が行われた9月30日10:00(日本時間)以降、一気に上昇していった。最悪の討論会と言われておりますが、トランプ大統領の妨害行為が目立ったことで株安(※上記ダウ平均1h足のチャートの①)に働き、ドル高傾向になった。

米大統領選、副大統領候補討論会後の値動きについて

第1回の大統領選第1回討論会同様、株安、ドル高に振れるのでないかと考える。その根拠はトランプ大統領の新型コロナウィルス感染発表後の値動きにあると考える。

トランプ大統領のツイート

ダウ平均1h足のチャート

10月2日の13:54にトランプ大統領がツイッターで新型コロナウィルス陽性と伝えた。このツイートを受けて株価は一気に下落した。(※ダウ平均1h足のチャートの②)

その後、トランプ大統領の動画が公表されており、元気をアピールした。

この流れを受けての討論会となる為、

共和党で現職のペンス副大統領と民主党候補のハリス上院議員の討論会は

同様の流れになるか、または逆の流れになるか。

10月7日(水)に行われる第2回米大統領選・副大統領候補討論会

は要注目です!!!



FX初心者ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました