【FX トレード】ユーロ/ドル 10月20日以降の直近の展開を予測する

FX
FP
FP

今回は10月22日(予定)に米大統領選第3回討論会(予定されていた第2回の討論会は中止を発表)を控える中、10月20日、21日の直近の展開を読み解いていきます。
前回の大統領選第1回の討論会の値動きも少し触れていきます。

【ドルインデックス】

ドルインデックス日足チャート

10月20日11時現在、93.600付近の値ですが、レンジの動きを見せて
おります。私が引いた平行チャネル内の動きになっておりますので
10/20,21の動きは上昇に転じ、94.000あたりまで上がってくるのでは
と推測されます。
直近の動きとしては『ドル高』と見ております。

【ダウ平均株価】

ダウ平均株価日足チャート

10月20日11時現在は28,300付近の値ですが、この数日は軟調な展開となって
おり、一時的な下げの調整が入っている状況です。
10/20,21の直近の動きとしてはもう少し調整が入り、その後上昇に転ずると
考えております。
直近の動き『一時的な下げ』大枠の動き『上昇』とみております。

【IMMポジション】

IMMポジションユーロ買い

現在もやはり高水準の買いポジションを維持しております。
少しずつ利確を行いながらチャートに反映しているのでは推測されます。
今月末のフローでさらに利確を行ってくると考えられますし、今週から
来週にかけての動きは要注意です。

【VIX指数】

VIX指数日足チャート

現在は上昇基調ではあるが、日足で見るとボックス相場という感じです。
今後の動きがどちらに転ぶかで状況が変わってきそうです。

【米大統領選第1回討論会の値動き】

ユーロドル1h足チャート9月29日10時

ドルインデックス1h足チャート9月29日 10時

9月29日(火)の10時(日本時間)から始まりましたが、ユーロ/ドルの1h足で
見ると10時のところでユーロ/ドルが一時的に下落=ドル高となりました。
ただしその後は上昇に転じ、ドル安となっていきました。
前回は過去最悪の討論会との話もあり、大きくチャートに反映はされなかった
印象です。第2回討論会が中止となり、さらにトランプ大統領が劣勢の中、
今回の討論会が非常に大きなポイントになるのではと考えております。
特にコロナ感染後のトランプ大統領は相変わらず新型コロナウイルスの
危険性を軽視しており、国民の信頼の厚いファウチ博士を厳しく批判するなど
民主党のバイデン氏は批判を強めているとのことです。

詳細についてはNHKニュースで紹介されております。

【ユーロ/ドル】

ユーロドル日足チャート

直近の値動きを見ると私が引いた平行チャネルのレンジ内の動きになってきている
と考え、10月19日に一気に上昇を見せましたが、10/20,21の動きは一旦下落の動きを
見せると考えております。先月の課題の中でレンジでの動きを取っていくと自身に
課題を課しましたが、こうゆうレンジの展開で是非収益を上げていけるようにしたいと
考えております。

現在はユーロ/ドルでショートのポジションを持っております。

レンジの下限付近の利確を狙っておりますが、全てはチャートに従っていきます。

直近の動き『下げ』大枠では『上昇』と考えております。

さて、今月は月末のフローで失敗しないようにしたいと考えております。
さらに米大統領選挙も2週間後に控え、非常に大きな動きを見せていくと予想される
ので今週には前回の大統領選の動きを振り返りつつ、月末、月初の闘い方をお伝えしていきます。

今週もよろしくお願いいたします。


少しでも誰かのお役に立てていれば幸いです。

今月は収支厳しい状況ですが、引き続き応援をお願いします。

下のバナーをポチっとしていただけますとすごくモチベーションが

上がります。是非、よろしくお願いいたします。


FX初心者ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました