【収支報告】2021年4月の月間収支報告

スポンサーリンク
収支報告
FP
FP

兼業、低資金、スイングで2027年に貯蓄1,000万円を目指して
FX、仮想通貨に取り組んでいるFPです。
今回は2021年4月の月間収支報告をいたします。

2021年4月のトレード結果

2021年4月の月間収支報告

 

スタート資金:28,162円
実現損益:△3,751円
最終資金:24,411円
(目標損益:73,873円 目標に対する損益:△49,462円)
トレード回数:13回(4勝9敗)
勝率:30.8%

以下、トレード記録も貼っておきます。

2021年4月のトレードノート

目標金額達成まで:9,975,589円

今月も負けです。

正直、途中まで何をやっても勝てる気がしない、
そんな状況に陥ってしまいました。

しかし後半の会心トレードから自分の
トレードスタイル構築のヒントを得た気がします。

まずは4月の戦略に対しての結果をお伝えします。

4月の戦略の振り返り

1⃣仕事中の注文はIFO注文など損切と利確の注文を同時に出す。
2⃣仕事以外のチャートを見られる時間帯でトレードを行う。
3⃣スイングは狙えるところのみ握っていくが、それ以外は基本デイトレにする。

1⃣4月のトレードは多くのトレードでIFO注文を行い、
損切と利確の注文を同時に出すようにし、しっかりとした環境認識と
決済目標を立てた上でトレードができました。
この点については良かったと考えます。

2⃣仕事以外の時間帯でトレードを行うことが多かったが、
1⃣ができたことで仕事中でも割り切ってトレードができたので
その点も良かったです。

3⃣基本デイトレにすると書きましたが、結論からいうとやはり
スイングをメインにするのが良いと感じました。
1⃣2⃣ができたことで仕事をしながらもトレードを行う
スタイルは可能と実感しました。

負けまくりですがね。。。(笑)

ただ自分の中で環境認識、エントリー、決済のシナリオが立てられていた
ことで常にチャートを見る必要がなくなりました。
そして今月の収穫は環境認識の質が高まったことです。
具体的にお伝えしますと、

オシレーターの複数分析
です。

今まで使用していたオシレーターはRSIのみでしたが、
MACDを追加したことで環境認識の精度がグッと上がりました。

後半の85pips獲得できたトレードはまさにオシレーターの
複合分析によるシナリオ通りのトレードでした。

FOMC前のドル高を狙ったトレード

MACDを使い始めたことでより値動きの方向性を
捉えることができるようになりました。
ドル円が107.500あたりまで下がってきた時に
MACDが上昇する兆しを見せていたことで
RSIだけでは気付きにくいポイントを
感じることができました。
売り圧力が弱まっている=買いが増えてきたことを
実感でき、108.000でロングを仕込むことができました。
ここで利益が取れたことは自分の中で
大きな収穫となり、今後のトレードにおいて
環境認識の精度がより高まると感じております。

今月の結果も厳しいものとなりましたが、
とにかく地道にトライ&エラーを続けていきます。

そして5月の課題を以下に設定します。

 

5月の課題

1⃣環境認識の精度向上
主にボリンジャーバンド、RSI、MACD、出来高を中心に
移動平均線、トレンドライン、サポレジラインを使った
複合的な環境認識を行います。
2⃣日足を基準としたスイングトレード
基本的に日足の分析に比重を高くし、常に大局を意識した
トレードを行います。
3⃣リスクリワードの高いポイントでIFO注文を行い、
 損切、利確ラインを設定する。

4月と重複する部分が多いですが、1つ1つの課題を
着実にクリアしながら成長していきたいと思います。

今月も応援お願いいたします。

こちらをポチっとしていただけると嬉しいです♡


FX初心者ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村


 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました