FX初心者が勘違いしていること3選

スポンサーリンク
FX

 

FP
FP

兼業、低資金、スイングで2027年に貯蓄1,000万円を達成する為に

FXに取り組んでいるFPです。

今回は私の経験から初心者が勘違いしていること、
FXに取り組む上で必ず必要な考え方についてお伝えします。
FXを始めたい方、始めたばかりの方には
特に参考になる内容だと思います。

 

FXを始めたばかりの頃の『FXに対する自分の考え方』

先日こんなツイートをしました。

今回はこのツイートを深堀してみます。


 

私は2020年7月から本格的にFXを始めました。
最初はデモトレードから始め、少し感覚を掴んでから
3万円の資金で実際のトレードを開始。

最初は何も分からず、アプリを開いた時に
なんとなく上がるな、下がるな、と
成り行きでエントリーし、
見事に逆行する。
フルロットでエントリーし、損切ラインも設定せず、
含み損があってもきっと上がると考え、鬼ホールド。
しかしビギナーズラックでプラ転し、
一気に利益を伸ばすことができることもあり、
常に一発を狙ったトレードを
行っていました。

皆さんも経験があるかもしれませんね。

結果はご想像の通り、
コツコツドカン
でもなく、
ドン、ドカン、ドカン。

たまに大きな利益は出ますが、損失の方が多くなり、
結局資金がなくなる。

う~ん、勝てないな。(当然ですね。)

その後、ビジネス系YouTuberの
ユーちぇる社長さん
ささっちさん
スキャトレふうたさん
の動画を見て勉強し、徐々にFXとはどうゆうものなのか、
どのように取り組むべきなのかが分かってきました。

【FX初心者ch】byユーちぇる社長

ささっちのトレード大学チャンネル

スキャトレふうたFXちゃんねる

FXを始めて8か月ほど経ちましたが、
今振り返るとFXを始める時に
どのような意識で取り組むべきかを理解していたら
成長速度はもっと早くなったのではないかと考えております。
(恥ずかしながら収支はマイナスですが…)

なんでもそうですが、何かに取り組む時にどのような
考え方で取り組むかを分かっていると成長速度が速くなる。

受験勉強でも、
目標に対して、どの教科を
どのような参考書を使って、
どれくらいの時間をかけて勉強すれば、
合格できるかって
ある程度分かる。

これが分かっているのと、分かっていないのとでは
取り組み方が全く違う。

もし分かっていなければ、

学校の参考書を全て同じベクトルで
片っ端からやってみる。
それで直接試験を受ける。

まあ落ちますね。
これで受かれば天才(笑)

もし分かっていれば、

どの学校を目指し、
その学校の試験傾向を把握し、
どの教科のどの参考書をメインに勉強し、
どれくらいの時間をどの教科に
割いていけばいいかが分かり、
模試を受けることで自身の弱点を把握し、
そこを改善することで効率よく勉強する。

一定の知識を身に付けたら
過去問を解く期間を設け、
本番に向けてより効果的な
受験対策を実施する。
本番前には体調管理に集中し、
本番に臨む。

後者の方が合格する可能性が高いのは
火を見るより明らかですよね。

FXにも全く同じことが言えると考えております。

私はFXを始めた時に
ちょっと勉強すればさくっと勝てるんじゃないか
思っていました。
そして短期間で一攫千金が狙えるとも思っていました。
さらに開始した当時はパソコンは持っておらず、スマホ
だけで十分とも考えておりました。

でも、それは間違いでした。

今、FXの難しさを痛感すると同時に
この考え方を脱却できたことでやっと
スタートラインに立てるようになったなと
感じております。

多くの方が私と同じような
考えを持ってFXを始めた
方が多いと思いますが、
まずはここの考え方を
改めてからFXを始めることで
より速い成長曲線を描けると
確信しております。

 

FP
FP

以下の3つは特にFXを始めたばかりの
頃に勘違いしやすい考え方です。
1つでも当てはまる方がいたら
考えを改めるべきです。
それぞれを解説していきます。

 

FX初心者が勘違いしていること

 

1⃣聖杯がある(すぐに勝てる)と思っている。

 

私自身、聖杯探しをしていた時期がありました。
この状況になったら勝率100%みたいな手法を探しましたが、
もちろんそんなものはありませんでした。

野球で例れば
140キロのストレートだけ投げられるピッチャーがいるとします。

プロの選手にストレートだけ投げたとしたら
高確率でヒットにされるでしょう。

1つだけ武器があっても正直通用しない。
聖杯探しは武器を1つだけ探しているようなものである。

FXに置き換えたら
『移動平均線』だけを根拠にトレードをするようなものである。
もちろん通用することもあるが、
トータルで見たらよくてトントン。
勝つことは難しいのではないでしょうか。

一流のプロ野球選手は総合力が高いのと同様
勝ってるFXトレーダーはあらゆる知識、スキル、メンタルが
備わっているのではないでしょうか。

 

2⃣一攫千金を狙える

レバレッジが効くFXでは少ない資金でも国内では25倍で
トレードができることで大きく資金を増やすことができると
考えている人がいると思います。
かくゆう私もその1人でした。
でもそんな甘くない。
それが現実です。

結論から言うと

 

地味にコツコツ

これしかない。

結局勝ってるトレーダーは知識、スキル、メンタルが備わっている
ことでコツコツと収益を積み重ねているのです。
こうなれば大きくロットを張って収益を着実に増やしていける。
でも、私みたいな知識もスキルもメンタルも未熟であれば
日々、知識のインプット、実際のトレードで実践、そして
失敗したトレードを振り返り改善していく。
その繰り返しのみが上達への近道である。

また野球で例えると
マニュアルを読んでルールを学び、上達する方法を知識として
インプットしても実際にバットを握っていきなりホームランを
打つことができないのと一緒である。

もしホームランを打てる人がいたら
別のスポーツをしていて基礎的な体作りができており、
抜群にセンスのいい人。
素人がプロ並み、少なくとも野球選手として上達するには
知識をインプットするだけでなく、実際にバット、グラブを握って
実際に素振りをしてみる。
実際に投げてみる。
そうすることで自分の欠点、課題を見つけ、
さらに練習することで上達していく。
1,2日でいきなりうまくはならない。
どんな短くても数か月、時間がかかる人は数年は上達するまで
かかるでしょう。

FXで勝てるようになる為には野球と同様、地道な勉強と実践、
そして改善が必要である。
勝てるようになるには時間がかかるのである。

FXで一攫千金は難しい。
もしいきなりホームランが打てたとしてもまぐれ。
そのあとの3打席は全て三振、結局資金を溶かすのである。

『地道に鍛錬しよう』

これが私が出した結論である。

 

3⃣スマホだけあればトレードするには十分だ

FXを始めた当初はスマホだけでトレードをしていました。

結論から言えば、パソコンは必須です。

スマホはトレードするには十分ですが、
環境認識が非常にしずらい。
例えば私がメインでトレードしている
ユーロ/ドルの環境認識をする際、
過去にさかのぼってチャート分析する時に
パソコンだと簡単に分析ができる。

ユーロドル月足チャート20210311

このように月足のチャートで過去の反応点を探し、
サポレジになっている水平線を見つけるのが容易である。

スマホだと見られる範囲が限られ、上記のような
分析がしずらい。
もちろん短期足でも同様です。

FXのトレードで環境認識が適切にできなければ
そもそもエントリーができないと私は考えます。

環境認識あってのエントリー、トレードである。

こちらも野球で例えると
バッターがどのような球に強いのか、
どのような球が苦手なのか、
過去の打席での結果や傾向がどうだったか、
など
相手のことを知ることで
初めてどのような球を投げればよいかが
判断できる。
何も知らずに投げた球は
高い確率で打ち返されるのはないだろうか。

スマホだけで
トレードし、勝ち続けることは
難しいと言わざるを得ません。

特に環境認識は可能な限りパソコンで行いましょう。

今回は初心者が勘違いしていること3選と
題してお伝えしましたが、

まとめると

1⃣聖杯はない。
勝ち続けるには地道な努力が必要である。
2⃣一攫千金を狙うべからず。
FXは地道に利益を積み重ねていくゲームだ。
3⃣スマホだけでなくパソコンは必須。
環境認識はパソコンで行うことで
勝率アップにつながる。

初心者である私が自分の経験から感じたことを
お伝えしました。
このブログではトレードのシナリオの投稿や
収支報告、実際のトレードの振り返りなどを
お伝えしておりますが、全てがFX上達の為の
練習、実践、改善の作業と考えております。

時間はかかるかもしれませんが、地道に
取り組んでいきます。
収支改善できるよう精進していきます。

引き続き応援をよろしくお願いいたします。

少しでも誰かのお役に立てていれば幸いです。

こちらをポチっとしていただけると嬉しいです♡


FX初心者ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村


 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました