【FX トレード】ドル/円、ユーロ/ドルの今後の展開を予想してみた

スポンサーリンク
FX
FP
FP

今回はドル/円とユーロ/ドルの今後の展開について

ドルインデックス、ダウ平均株価、米国債10年利回りや

ファンダメンタルズ分析により複合的に考えてみました。

目次

ドルインデックス
ダウ平均株価
米国債10年利回り
ECB(欧州中央銀行)理事会レポート
FOMC(連邦公開市場委員会)議事録

今後の展開
ドル円
ユーロドル

 

ドルインデックス

ドル円月足チャート20201127

ドルインデックス週足チャート20201127

ドルインデックス日足チャート20201127

ドルインデックスは下目線と見てます。

日足チャートで見ると91.629が重要なポイントとなりそうですし、

ここを下抜けすると88.285に向けての動きになります。

上昇するとしても93.000あたりが上限と考えます。

現在、アメリカはゼロ金利を継続しておりますので

長期的にはドル安基調

FXへの影響:大局はドル安継続

 

ダウ平均株価

ダウ平均株価月足チャート20201127

ダウ平均株価週足チャート20201127

ダウ平均株価日足チャート20201127

11/25に史上初の30,000ドルを突破、ここからさらに伸ばしていくかと

思われたが、やはりこれだけのキリ番、利確する人も多く、一旦下落の

調整が入ってきました。29,500ドルあたりまでは下がるだろうと考えます。

その後は上か下か、どちらに動くかが重要となってきます。

ただ現状アメリカの新型コロナウイルスの感染者数は拡大してますので、

このまま実経済が回復していかないと株価の動向にも影響が出てくると

考えられます。このあとの感染者数の動向がカギを握ると思われます。

あとはワクチン報道が出たり、実用化の期待で上昇していくと予測します。

FXへの影響:一時的にドル高、その後ドル安基調

 

米国債10年利回り

米国債10年利回り月足チャート20201127

米国債10年利回り週足チャート20201127

米国債10年利回り日足チャート20201127

現在はゆるやかに上昇していると考えます。

2021年1月頃には1.000付近まで上がるのではと予測します。

FXへの影響:徐々にドル高に移行ただしコロナの感染状況や経済の回復が条件

 

ECB(欧州中央銀行)理事会

2020年10月

10月ECB理事会の注目点について~12月追加緩和の方針を強く示唆、財政との協調を改めて呼びかけ

今後の方針:「12月ECB理事会(12/10)において、全員が行動を起こす必要性で一致」「あらゆる手段を検討する」「委員会は政策手段の微修正に関して作業中」とし、次回会合における追加金融緩和政策の決定を示唆。

〈用語説明〉 *ECB … 欧州中央銀行(European Central Bank)。

*HICP …調和消費者物価指数(Harmonised Index of Consumer Prices )。欧州連合統計局がユーロ加盟国の消費物価指数 をまとめた数値。

*PMI …購買担当者景気指数(Purchasing Manger’s Index)。製造業・サービス業の購買担当者を対象にアンケート調査や 聞き取り調査を行い算出。

FXへの影響:12月に入ってからユーロ安で反応

 

FOMC(連邦公開市場委員会)

2020年11月

FOMC 重要議題は12月に先送り 追加的な財政支援の行方を巡り、FOMCは様子見姿勢

2020 年 11 月 4・5 日に開催された FOMC(連邦公開市場委員会)では、政策金利である FF(フェデラルファンド)レートの誘導目標レンジを、0.00-0.25%に据え置いた。バランスシート政策に関しても米国債等の購入ペースについて特段の変更は示されなかった。また、FOMCの声明文に関しても、景気回復の継続を反映する微修正にとどまった。

パウエル議長は、記者会見でバランスシート政策に関する様々なパラメータ(規模や購入する年限の構成など)に関する有益な議論ができたと説明しており、今回のFOMCの議事録や次回12月(12/15)のFOMCでのポイントとなる。

FXへの影響:12月に入って一時的にはワクチン報道などでドル高で反応。ただし地合いとしてはドル安基調

 

今後の展開

ドル円

ドル円月足チャート20201127

ドル円週足チャート20201127

ドル円日足チャート20201127

日足、週足、月足を見てみると明らかな下目線となっている。

今後のポイントとしては103.219付近を下抜けするか。もし下抜けしたら101.200を

目指す動きとなっていくと予測します。

今後の展開

■上昇シナリオ:105.000で戻り売りを狙う。
■下降シナリオ:103.219を下抜けするか注目。下抜けしたら101.200を目指す動き

 

ユーロドル

ユーロドル月足チャート20201127

ユーロドル週足チャート20201127

ユーロドル日足チャート20201127

月足を見てみると11月で大きく上昇している。月足のトレンドライン1.19360付近が

上値となってくるがそのあたりの値動きがポイントとなる。

今後の展開

■上昇シナリオ:1.20000を抜ける公算はあまり高くない戻り売りを狙いたい。
■下降シナリオ:1.19000までは下がる可能性あり。そこを下抜けするかがポイントとなる。
1.17500までの下降を考えていく。

 

まずは月末のフローに注意をしながら、12月を無事に迎えたいと考えます。

月末は乱高下が激しくなる為、トレードは慎重にしていきます。

月足の節目など重要な節目に到達すればトレードをしていく予定です。

引き続き応援をよろしくお願いいたします。


少しでも誰かのお役に立てていれば幸いです。


FX初心者ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました