【FX 手法】勝率が上がる平行チャネルの活用法をお伝えします

スポンサーリンク
FX

 

FP
FP

兼業、低資金、スイングで2027年までに貯蓄1,000万円を達成する為に

FXに取り組んでいるFPです。

今回はユーロ/ドルのトレードで平行チャネルをうまく活用できたことで
77pips獲得できたトレードを振り返ります。

 

 

平行チャネルで勝てたトレードを振り返る

トレードノート

ユーロドル1h足チャート20210210現在レート

ユーロドル4h足チャート20210210エントリー&利確

今回はユーロ/ドルで2021年2月8日22時頃1.20239でロングでエントリーし、
2月9日21時頃1.21001で利確したトレードで平行チャネルをうまく
引けたことで大きな値幅が取れたトレードを振り返ります。

①平行チャネルを初動で引く
2021年2月6日までは上記のチャートのようにドル高トレンドが続いており、
そこから反転して一気にドル安トレンドに変わり、1.20400付近で揉み合って
下落した際に平行チャネルを引きました。

ユーロドル15分足20210208エントリーポイント

②平行チャネルの下限でエントリー
引いた平行チャネルの下限で低ロットでロングエントリー。

ユーロドル4h足チャート20210210利確目途

フィボナッチの38.2%(1.20986)を目途に利確をしました。
実際は1.21001で利確。

今回のトレードを深堀し、さらに平行チャネルの勝てる活用法を
お伝えしていきます。

平行チャネルの勝てる活用法

ユーロドル1h足チャート20210208環境認識、エントリー根拠

ユーロドル1h足チャート20210210ポイント3つ

 

■初動で平行チャネルを引く
①ドル高の下降チャネルを上抜けしたところで上目線と捉える。
ここで上目線と捉えることで下降トレンドが終わったと考え、
だましにならないかを確認する。
②上昇が止まりレジスタンスとして機能するところに平行チャネルを引く。
上昇してきたら反転するところを確認してこのタイミングで平行チャネルを
引く。反応点の多いポイントでラインを引き、下のラインでも反応点の
多いところで引く。
☆ここで反応点が多く、平行チャネルが引ければかなり有利になります。
■2波目でエントリーを狙う
③平行チャネル下限の反発を狙ってエントリー。
(最初は低ロットがオススメです。)
引いた平行チャネルの下限付近で反発してくる可能性が高いと考え、まずは
低ロットでエントリーする。うまく反発したら損切ラインは小さくし、
買い増していくとよい。

 

利確ポイント

ユーロドル4h足チャート20210210利確目途

今回はこの上昇の起点となった戻り高値と押し安値に引いたフィボナッチ
リトレースメントの38.2%(1.20986)を目途に利確しました。
割とこの38.2%で反応することが多いので利確目途として使うのが有効と考えます。
もちろんその後、さらに上昇することも多いですが、38.2%を超えたら50%を
利確目途にするとよいと思います。

まとめ

 

平行チャネルは初動で引くべし!!!

トレンドが出ている時に常に反転するのではと考え、
平行チャネルが引けるところを探す癖をつけるとあなたの
トレードの役に立つと思います。
是非ご活用ください。

noteでもお伝えしておりますので是非ご覧ください。

それでは今回はこのあたりで。
引き続き応援をお願いいたします。

少しでも誰かのお役に立てていれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました