【収支報告】2021年5月の月間収支報告

スポンサーリンク
収支報告
FP
FP

兼業、低資金、スイングで2027年に貯蓄1,000万円を目指して
FX、仮想通貨に取り組んでいるFPです。
今回は2021年5月の月間収支報告をいたします。

2021年5月のトレード結果

トレード成績20210531

 

スタート資金:24,411円
実現損益:△39円
最終資金:24,372円
(目標損益:77,566円 目標に対する損益:△53,194円)
トレード回数:15回(8勝7敗)
勝率:53.3%

以下、今月のトレード記録も貼っておきます。

トレードノート20210531

目標金額達成まで:9,975,628円

今月は負けましたが、負け幅がかなり減りました。

4月は環境認識に迷いが生じ、どうやっても勝てない、
そんな状況に陥ってしまいましたが、
5月は環境認識の精度が上がったと感じ、それが
トレードにもいい影響を与え始めました。

5月の戦略の振り返り

①環境認識の精度向上
主にボリンジャーバンド、RSI、MACD、出来高を中心に
移動平均線、トレンドライン、サポレジラインを使った
複合的な環境認識を行います。

環境認識に関してはオシレーターはRSIのみでしたが、
MACDを取り入れたことで環境認識の精度が高まったと
感じております。またボリンジャーバンド、トレンドライン、
サポレジライン、さらにチャートパターンによる複合的な
チャート分析により勝率が上がりました。

②日足を基準としたスイングトレード
基本的に日足の分析に比重を高くし、常に大局を意識した
トレードを行います。

こちらに関しては週足をたまに見る程度で基本は
日足、4h足、1h足を見てこの時間足が同じ目線に
なってきたらエントリーを検討するようにしたところ
ある程度方向感をつかめるようになったと感じております。

③リスクリワードの高いポイントでIFO注文を行い、
損切、利確ラインを設定する。

ほとんどのトレードでIFO注文を行っておりますが、
やはりメリットは、リスクリワードの高いポイントで
エントリーする為に待つことができるようになったことと
利確、損切ポイントを設定する必要があるので、エントリー時
にシナリオを立てることが必須となったことです。

6月の課題

①5月の取り組みの継続

上記①~③の取り組みは継続していき、さらに
精度を高めていきます。

②ファンダメンタルズの情報収集

テクニカルだけでは通用しないポイントがあります。
特に経済指標や政策金利の発表など重要な経済イベント
などは常にチェックすることでより勝率が高まると
考えます。

③大口の動向

自分が大口になったと想定して、大きな資金を駆使し、
相場を動かすことができると考えた時にどのように
トレードすれば大きな利益が取れるのかをイメージして
トレードする。
題して、大口だったらこうやって個人を焼き尽くす!
を考えたトレード。

6月こそプラ転します。

環境認識、エントリー、決済をリアルタイムで
ツイッターで発信しています。
引き続き応援をお願いいたします。

こちらをポチっとしていただけると嬉しいです♡


FX初心者ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ
にほんブログ村


 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました